本場の味を体験しよう!沖縄旅行で食べておきたいご当地グルメ

沖縄県民のソウルフード!

沖縄といえば様々な観光スポットをはじめ、海や歴史的建造物など見所が満載です。1年を通して多くの観光客が訪れますが、やはり沖縄に来たからにはグルメを楽しみたいという人も多いものです。まず第一に沖縄グルメを語るのに欠かせないご当地グルメとして、沖縄そばが挙げられます。そばとあるもの、麺にはそば粉ではなく小麦粉が使われていて、スープは豚骨ベースやカツオベースなどが基本です。豚の三枚肉やかまぼこなどがトッピングされ、沖縄県民のソウルフードと言えるでしょう。 泡盛につけ込んだトウガラシや、紅ショウガ、七味トウガラシなどの調味料をトッピングする人も多く、味に変化がつけられるのも、沖縄そばの醍醐味です。県内には沖縄そばが食べられるお店が300以上もあるので、お気に入りの店を見つけたいものです。

沖縄が誇るブランド豚を味わおう

沖縄県は、日本でも有数の豚肉消費量を誇っていますが、その中でも人気なのが沖縄在来種の黒豚です。その種類はアグー豚と呼ばれるもので、やわらかい肉ととろけるような脂の甘みが特徴です。アグー豚は品質の保証を受けているもので、生産数も限られていることから、幻の豚ともよばれています。一般の豚と比べると豊富な種類のアミノ酸を数倍以上含んでいるともいわれ、甘みが強く、脂肪分やコレステロールの値なども低いという魅力もあります。

アグー豚を楽しめる料理はたくさんありますが、一番の人気がとんかつです。箸で持ち上げると重みを感じるほどの厚みなのに、一口噛めばとろけるような脂の甘みを感じられることでしょう。そのほかにも焼き肉やしゃぶしゃぶなど、いろいろなメニューを楽しむことができます。

アクティブな旅行がしたいないら沖縄西表島のツアーがお勧め!リアルジャングルクルーズやシュノーケリング、秘境トレッキングや鍾乳洞ケイビング体験、なんといっても日本初の星空保護区で観る星空は感動ものです。